virtual exhibition バーチャル展示会

sample

バーチャル展示会 サンプル

展示会の現状と背景

昨今のイベント自粛の影響が深刻な中、ビジネスチャンス創出の場として製品をPRし、営業活動を活性化するためのプラットフォームとしてバーチャル展示会へのお問合せが増えております。

リアル展示では実現できない表現力を持ちながら、いつでもどこからでもアクセスできるオンライン上でのバーチャル展示会は、今後のイベントをサポートし、さらにビジネスチャンスを広げるツールとして新しいスタンダートとなっていくでしょう。

創業以来、様々な展示会の企画・設営をサポートさせていただいた実績を生かし、お客様のご要望を最大限に生かした展示会をご提案いたします。

出展社側とユーザー側のメリット

リアル展示会のサポートツールとして開催することも可能ですが、バーチャル展示会のみでも、出展者・ユーザー側、両者に大きなメリットがあります。

出展社側メリット

  • コスパが良い

    リアル展示会に出展するより費用が抑えられるため、動画などに効率的に費用をかけられる。

  • マーケティングに効果的

    顧客情報やアクセス情報、アンケートを集計・管理するなど、マーケティングサポートも充実。

  • アーカイブも財産に

    コーポレートサイト上に展示会アーカイブを残すことで、よりオンラインを生かした営業が可能。

  • ご案内が簡単

    メールでのご案内の他、名刺やカタログにQR コードを表示するなど、効率よく告知することができる。

  • いつでも開催できる

    開催期間を絞りピンポイントでアクセスを集中させることも、常時開催することも可能。

ユーザー側メリット

  • 展示会場でしか見ることのできない情報も、プレゼンテーション、展示会用に制作した動画 など、オンライン上で見ることが出来る
  • いつでもどこでも自由に来場(アクセス)でき、お問合せもスムーズ
  • 疑似展示会を体験できる

集客方法とマーケティングについて

集客に手間がかからず、顧客情報や製品毎の閲覧数などを数値化し、マーケティングに利用できることもバーチャル展示の重要なポイントです。

バーチャル展示会の流れ

  1. ヒアリング
    • 出展製品、構成内容
    • ブースイメージ
    • その他ご要望
  2. ブースデザインご提案
    • 図面、パースにてバーチャル展示イメージご確認
  3. Web システム構築・ご確認
  4. バーチャル展示会 公開
  5. 展示会終了後、レポートにてマーケティングサポート結果をご報告